ケータリングサービス業者について

ケータリングサービス業者はパーティーや結婚式の2次会などの場に料理を運んでくれ、料理の後片付けまで行ってくれるものを言います。デリバリーサービスでは料理を運んだ時点でサービスが修了するのに対して、会場を盛り上げる為の設置やビンゴサービスなどトータルサービスなのだと言えます。近年、その需要はますます高まってきており、料金設定もレストランバーや居酒屋を使うよりリーズナブルなものもあります。料理に関しても、イタリアンから和食、中華やカレーなど多種多様なジャンルを取り扱う業者がいるので、集まる人に合わせて選ぶ事が出来るのだと言えます。このようなケータリングサービス業者は首都圏や大都市圏に集中していますが、これから需要が高まってくるにつれ全国どこでも当たり前のサービスとして定着していくのではないでしょうか。飲食業界が全体的に伸び悩んでいる昨今、これからより発展していく業界なのではないかと思います。もし、あなたが飲食業界に参入してビジネスをはじめたいと思うのなら、ケータリングサービス業を検討してみるのも良いかもしれません。今までに取り扱ってないようなジャンルの料理でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ケータリングはサービス業の新しい展開です

ケータリングサービスとは、依頼したお客の元へと出張し、料理を提供するサービス業の形で、出張宴会や出張パーティーと言われることもあります。これは、長引く不要で伸び悩むホテル業界などのサービス業やレストランや日本料理店などの飲食業の新しい事業の展開です。以前ではあまり耳にすることがありませんでしたが、飛行機の機内食提供のサービスにケータリングという言葉が使われるくらいで、地上でのサービスにその言葉が使われることはあまりありませんでした。店舗と異なる場所で食事を提供する意味で、出前や仕出し、デリバリーがありますが、これらは少しずつ違う意味を持ちます。出前や仕出しは、自店舗の厨房で作られた料理を配達する方法で、デリバリーは、車を改造し調理できるようになっていて、移動厨房である車をオフィス街などの現地まで行き、そこで店を開くスタイルです。ケータリングはデリバリーに似たニュアンスがあるのですが、大きく違う点は、調理する先をお客が決めている点です。調理場を相手先に借りることもあれば、厨房自体の出前もすることもあります。そしてその調理スタイルもお客のリクエストに答えるため、サービス料が大幅に付加されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*