自費出版の魅力

近年、ケータリングサービス業が増えている。需要があるからだと思うが、やはり主婦に取っては有り難いサービスに違いない。例えば、誕生日やクリスマスなど、友人や家族以外を呼んでパーティなどを行う時など、料理が苦手、または大人数の料理が作れないと言う時など活用度はたくさんあると思う。この料理業界においてのサービス業と言うのは、もしかしたら主婦の救世主かもしれない。最近は様々なケータリングサービスの広告及びチラシを目にする事が多い。寿司、中華、イタリアン、フレンチなどサービスもここまで選べる幅が広がったのかと思う程である。中でも寿司は板前さんがショーケースも持ってきてくれ、寿司を食べに行った時と同じ様にケータリングしてもらえるとちらしに書いてあった。料金がものすごく高いのではないかと懸念したが、それほど高くはなく、家で色々な材料を買い込んで、細かくはなるが、ガス代、電気代なども計算に入れ、料理をする事を考えればそんなに高いとは思わない値段設定であった。招く方はやはりずっと動かないと行けないし、楽しめない場合が多いのではないかと思うが、家で自分達も一緒に食べる事が出来、本格的な雰囲気が味わえるなら是非利用してみようと思う。

ケータリングはサービス業の可能性を広げるものです

ケータリングはサービス業としての新し形態の一つであり、今後ますます発展の余地があるものです。通常は店に来てもらって飲食をしてもらう事がほとんどですが、それを出張サービスしたり、宅配サービスをする事によって新しい需要を生み出す事が可能なのです。通常では食べる事の出来ない場所に届ける事によって、そこで食べる事が出来たり、店に来る事が出来ない客に店の味を知ってもらう事も可能です。例えば、通常では食べる事の出来ない場所と言うのは、屋外も考えられます。屋外で食事をしたいけれど、通常では店に行かなければ食べる事が出来ないので諦めていたものを、ケータリングの発展によって屋外でも食べる事が出来るようになるのです。また、小さい子供がいる家庭の場合は高級なレストランに家族揃って出かけると言う事がなかなかできません。子供が騒いでしまった場合の事を考えたりした場合、店側に迷惑をかける事にもなりますし、落ち着いて食事が出来なくなると言う事もあるので行けなくなってしまうのです。しかしこれも、自宅に届けてもらう事によって、その店の料理を気兼ねなく食べる事が出来るのです。このようにケータリングはサービス業の可能性を広げるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*